蕾に未来を

皆様 おはようございます
昨年の今日 私達池坊麻布橘会グループは 皆で新年会を行っていました
新年の立花を飾った会場に 女性も男性も 和やかに
和装洋装と 華やかな出立ちのメンバー
美味しいランチに 楽しい会話
思い出すと夢のような一日でした

特に一つのテーブルは 六人全員がママでした
とてもお子さんがいるとは見えない美女ばかり
何れ菖蒲か杜若✨の言葉どおり
そこに 最年少メンバー六歳のAoi君も お母様と参加されたのでした

あれから一年
毎日午後3時のニュースに 憂いでいる 私達
でも いつまでも フリーズしているわけにはいきません

池坊いけばなは 花のあらゆる姿を活かします
時には 枯れかかった葉や 破れた葉を使うこともあります
そして 蕾を たいせつにします
そこに 未来や可能性 を見出すから

(初いけ作品にも、開花の椿の下に ほの紅い蕾を入れました)

人も同じではないでしょうか
人の蕾は 自分の中の可能性と言えますが
子供 とも言えます

表参道教室の遠藤さんが 新年のメールに 送ってくれました

思わず笑顔に なれました
花をつかむ 小さな指 眼差し

無心 なんて可愛くて 強いんだろう

このお子さん達にも未来が あります
私達おとな しっかりしよう

いつか ママとお子さん皆で 花に囲まれて お稽古しましょう
可能性は どこにでもある

さあ 今日からの一週間
視線を上にして すごしましょう

森由華

前の記事

弥栄を祈りつつ 初いけ