万里一空

藤井 崇之 (脇教授三級)

花形 : 生花新風体

花材名 : 枝垂れ柳、ミニ胡蝶蘭、タニワタリ

「従順」と「自由」、一見相反する意味を持つ言葉ですが、いずれも柳が風に揺れる姿を形容しています。
柳はそよ風にも素直に反応することから「従順」であり、また強い風の時には、
まるで羽ばたいているように大きく揺れ動くことから「自由」であるともいえます。
世界が混沌とする中、“その流れに逆らわず従順でありながらも自由でありたい”、そんな想いを枝垂れ柳に込めつつ、
世界に幸福が訪れることを祈願し、胡蝶蘭を合わせました。
何事にも一喜一憂せず万里一空の精神で、日々努力、精進を重ねたい思います。

前の記事

しなやかに跳ぶ

次の記事

未来