初夏

久しぶりのお稽古は、初夏を感じさせるアサヒハランバラの取り合わせでした。

バラの姿がとても美しく、南国で鮮やかなドレスを着た女性のようなイメージで生けました。

初めて学生時代に生けたのも同じバラでしたが、今とは全く生け方が違います。今はバラを見て、最初にイメージや高さなどを考えることができるようになりました。

お稽古を始めて27年になります。毎年同じ花材を使っていても、いつも新しい発見があり、新鮮に感じられます。
そこが池坊の良さであり、歴史があるということなのだと思います。

森先生、いつもご指導をありがとうございます。そして、支所になられたこと、本当におめでとうございます。

秋本

前の記事

自由花の難しさと楽しさ

次の記事

夏祭り