立てるお花『立花』

3回目の立花のお稽古ですが、まだまだ上手く立てる事が出来ないとことばかりでした。

立花は、『いける』ではなく『立てる』との事で、まさにお花達を上手く綺麗に見えるように組み立てていくよな作業でした。

先生の見本花を見ては、自分のお花を立て直すの繰り返しでやっと立てることが出来た。

立て終わった後は上手く出来たかはさて置き、とても達成感があり自分てはとても満足感がありました。

これからも立花を綺麗に立てれるように精進していきたいと思います。

いけばなメンズ H.I

前の記事

桔梗に親しむ

次の記事

巡り来る季節の中で