出逢い

お稽古のレクチャーの際、花材はその時その場の一度しか出逢わないものだということをお話しされました。

この日はその出逢った花材をいかにいかしてあげるかを考える勉強を致しました。

まんさくは初めての花材でした。
枝ぶりを見た途端、是非この枝を使いたいと思える一枝に出逢いました。
可愛らしい葉が沢山ついた枝を枝垂れるように使いたいと思い、アーチを描くようにためてみました。

思い切って枝をさばけるようになるにはまだまだ訓練が必要です。
出生が木であることを強調するために太い枝を添えることを教えていただき、力強さが加わり安定感が出せました。

他の花材はナルコラン、孔雀草、スカシユリでしたが、見せ場はまんさくのため美しいオレンジ色のスカシユリも引き立て役となりました。

森先生楽しい自由花のお稽古ありがとうございました

渡邊

前の記事

梅雨明け

次の記事

リアルな時間