フウセントウワタの新風体

生花新風体のお稽古をつけていただきました。

最初、他の花材を主とすることを考えていましたが、なかなかイメージがまとまらなかったところ、先生からフウセントウワタみたいなものから生け始めてみるのも面白いかも、とアドバイスをいただきました。

独特な雰囲気のあるフウセントウワタをどう使ったら良いのかわからず、最初はこの花材を使うことを考えていなかったのですが、生けてみるとなかなか味わいがあり、作品を生け終える頃には前よりもこの花材が好きになりました。

◉花形 生花新風体

◉花材 フウセントウワタ、サンタンカ、オクロレウカ

ボリュームのあるサンタンカの花を整えるのと、オクロレウカの前後感の付け方や高さの微調整もとても勉強になりました。

五十嵐

前の記事

生かされていること

次の記事

馥郁とした薔薇