鏡よ、鏡

鏡よ、鏡
「こんなに不器用な私がいけばなを続けてもいいのでしょうか」
鏡よ、鏡と鏡に映る自分に問いかける初夢をみました。

偶然にも初いけの先生のご講義より
池坊専応口伝より「たとえ器用なしとも、稽古のほどふかければ、興ある姿を立出す事あり」のお話に驚愕しました。

3回目の立花新風体は思うように上手く表現出来ず先生のご指導のおかげで何とか終了しました。

◉花形 立花新風体
◉花材 連翹、チューリップアンス、
クロトン、蘭、雪柳
ヒペリカム、その他

細く長く続いていれば、答えが必ず出ると信じて
今年はありのままの「出生の姿」をいけようと
そして静かに花と自分自身とに向き合おうと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

吉田🌹

前の記事

2022年初いけ

次の記事

立花の初いけ