新年花と初いけ

この年末は、新年花オンラインレッスンに参加しました。帰省先からのレッスンは2年連続となり、おかげさまで松を中心に据えた清々しいお花で新年を迎えることができました。

森先生はじめオンラインレッスンの環境整備やお花配送などお世話になったみなさまに御礼申し上げます。

令和四年の初いけは久々の自由花です。
どの花材よりも圧倒的な存在感(!)だったドラセナを大輪のお花に見立てていけてみました。

試行錯誤の中、前にレースフラワーは透け感をいかして使ったな・・・、枝ものの太い部分だけ足元に置いたりしたな・・・など、過去のお稽古での花材の扱いようが思い浮かんできました。季節のお花を楽しむばかりでなく、私も少しは花をいける積み重ねができてきたのかも、と実感したところです。

◉花形 自由花
◉花材 ドラセナ、レンギョウ、バラ
スウィートピー、レースフラワー

今年もお花と向き合い、いけばなの美しさの追及に少しでも近づけるようお稽古を続けてまいりたいと思います。

藤田泉

前の記事

立花で初いけ

次の記事

初めての初いけ