花は足でいけよ

皆様 おはようございます
今日から二月 如月が始まりました
まだ寒さが厳しく 衣をさらに重ねて着なければ
いけないことの 衣更着から変化したそう
お互いに 気をつけて参りましょうね
もうすぐ立春! 今月も宜しくお願いいたします
………………..

池坊の当代御家元 池坊専永宗匠のおことばで
「 花は足でいけよ 」という教えがあります

昔は 自分で山や野を歩き 良い花材を自分で
探し出していけよ という意味ですが
今は 自然に生うる草木をよく観察して
どのような姿が 美しいのかを見極めて
花をいけよ! 
というものです

先日 これを麻布台教室でお話しましたら
呼応してくれた生徒さんが いました
昨年入会された飯野さん
これからも お仕事帰りに リフレッシュ❗️❗️
してくださいね

ご紹介いたします

由華

……………………

花形 自由花
花材 れんぎょう、ラナンキュラス、レースフラワー、ゴッド

私は今まで、恥ずかしながら、レンギョウという植物を見たことも聞いたこともありませんでした。

お稽古中に先生からレンギョウの木のお写真を見せていただき、野山にレンギョウが力強く自由に伸びている様子を知り、いけてみたらしっくりくる経験をしました。

先生から「花は足でいけよ」という言葉があり、野山にある植物がどのようにいきているのか実際に自分の足で歩いてみて確かめながら花をいけるという意味、と教えていただき、いけばなの深さと楽しさを再度感じました。

これからの作品に活かせるよう、今後も植物を見かけたらたくさん観察して感じていきたいと思いました。

飯野

前の記事

春を呼ぶマンサク

次の記事

春は黄色から