前向きな希望と祈りを

落ち着かない日々の中で、今年は一層特別な気持ちで蓮を活けました。
怖いのはウイルスそのものだけではなく不安により時に攻撃的になる人々の心ではないかと思います。
後ろの掛け軸にもある通り、寛大な慈しみの心を互いに持って乗り越えていければと、前向きな希望と祈りを込めて活けました。

麻布台教室 木畑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

七夕の笹が風に揺れて

次の記事

水際の美しさ