涼しさは引算

小判草のしなやかさと清涼感が、柳のようでしたので、七夕風の雰囲気に仕上がり、
向日葵が彦星、日々草が織姫のようなイメージになりました。

小判草の穂の付きが良すぎて、森先生に間引いて頂くと空間が出来き、より涼しさを感じられるようになりました。

やはり引き算することで、涼しさが倍増しました!

小さい短冊に願いを書いて飾りたくなりました🎋 

暑い夏にお花で涼しさを演出できるいけばなって、優雅で楽しいといつも思ってしまいます🌸

村上千鶴子

前の記事

ドラマチックな世界

次の記事

桔梗に親しむ