蓮に祈りを

世情に追われている内に、またカレンダーをめくる頃となりました。

気の張る毎日ですが、安全にご配慮いただいたお稽古場の環境と、森先生、久しぶりにお目にかかる皆様のお姿に、安心できる場があることのありがたさを感じております。

さて、夏のお稽古の楽しみといえば、蓮!

給水ポンプでしっかり水揚げをして、手早くいけるのがポイントです。立花ともなると、いけている間はなかなか心に穏やかに、とはいかないのですが。。

いけあがった蓮の立花を見ていたら、胸の奥がキュッと鎮まり、心の中で手をあわせました。

森先生、今年も蓮のスペシャルレッスンを設けてくださり、ありがとうございました。

いけばなの原点でもある「供花」の心に触れることができたような、まさに特別なお稽古となりました。

はななす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

再確認しました!

次の記事

翡翠の風